FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファスティング終了!

はい。

3日間のファスティングは無事、終了。


一番お腹がすいたのは初日。
一番一日が長く感じられたのは2日目。
3日目は結構、余裕だった。


まだまだ続けようと思えば続けられそうな感じだったけど、
まぁ、記録を伸ばすことが目的ではないんで、とりあえず終了。

”何か違う自分を感じる”とか”超クリアな感覚になった”とか聞くけど、
普段どおり仕事をしながらだったんで、特にそんな感じは無かった。

始める前に68kgだった体重は65㎏に。
本に書いてあったとおり、1日1kgは減った。

やはり、身体が軽くなると、気分も変わってくる。


今朝の散歩後、いつものよもぎ風呂(我が家は最近、よもぎにはまってます)
につかりながら思ったことは、
「とりあえず目の前にあることを一所懸命やってれば
その繰り返しが人生になっていく。」っていう事。
(なんで、こんなことが頭に浮かんだのかはわからないけど・・・・・)

身体をクリアにシンプルにすることから、
人生もシンプルなんだってインスピレーションかな?



この3日間で、ずっと酷使してきた内臓も(特に肝臓)、相当な骨休みになったことだろう。

今朝は雑炊を1杯たべただけだけど、
やっぱり甘ーいスイーツとかボリュームたっぷりの肉類だとかは、
身体に負荷がかかってるんだろうなと思う。(大好きなんだけど・・・・・)



これからは週に1回ぐらいのペースで1日ファスティングをやっていこう!




スポンサーサイト

引き続き“ファスティング”中!

考えてみると“断食”なんて言うと、なんか宗教色や修行イメージがあるんで、
他に何かいいネーミングはないかと探してみると、あるある。


“ファスティング”と言うらしい。


食事を断つことによって体内の毒素や老廃物を排出し、
生まれてからずっと働き続けている内臓を休める効果があるらしい。
何日か続けた後は、身体にいいものはすごくおいしく感じるとも・・・

お~っ いいじゃない。


1日目はすごくお腹が減ったけど、2日目の今朝はそうでもなかった。

よって引き続き“ファスティング”中。


夕方にはズボンがずり落ちる感触があったんで、ウエストも少し締まったかな?

2日目はそんなに空腹は感じない。


よっしゃ、こうなったら3日目にも挑戦!


それ以上は、指導者立会いがお勧めらしいので、挑戦しません。

ただいま断食中!

DSCF0002.jpg



先日読んだ「あなたの生き方を変える断食の本」(北川八郎)に触発されて
今朝から断食中。


以前から、現代人は食べすぎだとは思っていて、
朝はフルーツのみという食生活でここ暫く過ごしてきた。


それでも仕事の関係から夕食は9時ぐらいから、晩酌をしながら。
しかも食べ終わったらすぐにバタンキューというようなライフスタイルだったんで、
体重も減ることもなく、ウエストも窮屈という状態が続いていた。



「これじゃあいかんな。なんとかしないと」と思っていたところに
この本に出会った。



断食にも色々あり、1日、3日、5日、7日、11日、21日、40日と
様々な段階があるらしい。

しかも断食日数と同じだけの準備日数と復食日数が必要とのことなので、
断食日数を3倍した日数を考えておかないといけないらしい。

3日やるとしたら9日間必要になる計算になるので、それも億劫。



ということで、今朝思い立ち1日断食に挑戦中。


でも、早くも空腹感に襲われています・・・・・・・



秘密兵器

いよいよ秘密兵器の製作開始。


OさんにもらったEM(有用微生物群。一般に広まっているEMとは少し違うみたい)を使っての
『米のとぎ汁発酵液』を作る。

まず、EMを60cc、そして糖蜜を60cc、
続いて米のとぎ汁を2ℓ用意し、それぞれを混ぜ合わせる。


DSCF0000.jpg


そしてそれを1週間ほど放置しておく。

容器を密封しておくと、発酵が始まった場合、破裂するので、
蓋は少し開けておく。

DSCF0001.jpg


そして、出来上がったものに米ぬかと籾殻を混ぜて土に敷きこむという具合。

今回は、竹炭を混ぜることにした。

なにぶん、すべてが初めての事であり、
分量もよく分からないので、適当適当。


で、出来上がったのがこれ。

FILE0003.jpg


早速、畑に持っていって土に混ぜたのはいいが、
生憎の悪天候(山口県に豪雨をもたらした日です)。


こんなんでよかったんやろか~。


まぁ、何事も経験だぁ。

この野菜の行く末は?

仕事の合間を見て、ごくたまに行く自然農実験地「水農里農園」。

よく行っても1週間に一度。
へたをすると10日ほど行かないことも度々。


そんなことだから、苗の植え時を逃したり、枯れてしまったり。



昨日も久しぶりに行ったのだが・・・・。


P1010014_20090714200224.jpg 

P1010013_20090714200224.jpg

P1010016.jpg

こんな状態ですねぇ。
あまり大きくならずに、実の数も少ない。

以前、北梅本の市民農園で作っていた時は、
訪れるたびに大きく、また数も増えてたんだけど。


まぁ、慣行農法のように肥料をやれば大きくなるのは分かっているんだが。

大きさを追求したらダメとは聞かされているものの、
食べるために作るんだから、ある程度の大きさと数は期待するわなぁ・・・・・



よしっ。
こうなったら、先日、Oさんにもらった秘密兵器を試してみよう!

敷炭

実家の白蟻予防工事がそろそろの時期に。

しかし、今回は少々思うところがあり、薬剤による工事は中止。



じゃあ、どうするか?

それは・・・・・・・・・・・・・・・・・『敷炭』です。


炭を敷くと、防虫効果はもとより、
その調湿作用により床下の湿気を取り、
更にはマイナスイオン効果、遠赤外線効果により
不調だった体調が回復したりすることも期待できるとか。

そしてその効果は半永久的。


もうこれは試してみるしかない。

ついでに、じいちゃん、ばあちゃんの体調が良くなれば、儲けもの。



ということで、小豆島の炭焼き職人『キム&りえ』に工事を依頼。

(キム&りえの竹炭工房『宝箱』はhttp://takarabako-takesumi.com/





7月6日昼過ぎに、荷台に竹炭を満載した軽トラがやってきた。

P1010002_20090707191944.jpg


聞くと、300kgは超えているとか。

あまりに大量の炭なので
キム&りえに私も加わり、途中からはじいちゃんも参戦しての大活躍。
(ほとんどの作業はキム&りえに任せ、私とじいちゃんは袋を運ぶだけですが。)


P1010003.jpg



27坪の床下に、タール交じりの竹酢液を噴霧しつつ、
袋に詰め込んだ竹炭を敷き詰めていく。


P1010009.jpg


当日中に終わるだろうかという話だったが、
当家二人の手助けもあり、なんとか工事を終了。



さぁ、明日からの生活がどう変化するか・・・・・・・  楽しみです。

それほど、劇的には変わらないか


ありがとう! キム&りえちゃん そして、2歳になったばかりのねねちゃんも。
また、近いうちに会いましょう!

大根の種

6月28日に書いたスタードーム。
大きいサイズのものが、以前竹を切り出した山に完成していた。

P1010019.jpg


友人のTさんから『大根の種をあげるから取りにおいで』との連絡があり、
行った山にそびえたっていた。

畑寺で見たものよりも数段大きい。



そして目的の大根の種は、『こんなに要らんよ~』と悲鳴をあげたくなるほど
たくさんある。

干からびた大根からそのまま刈り取るやり方にビックリ 

P1010014.jpg  P1010013.jpg

軽トラ1車分は軽くあった。


そこはみかん畑だが
みかんの足元にはこんなサイズの大根がぎっしり。

P1010008.jpg

究極の自然農ですな~。

ほったらかしでここまでできるとは。


そこにはほかにもビワからレモンからヤマモモまで
たっくさんの果樹が植わっている。

写真はヤマモモとこんにゃく。

P1010022.jpg   P1010021.jpg


筍もいただいて帰った。

P1010015.jpg


Tさん、ありがとう~。

プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。