FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機農業だから安全な訳ではない

前回の続き。


木村秋則さんの本に書かれていた衝撃的なこと。


それは『有機農業だから安全な訳ではない』ということ。

それを端的に表しているのが、キュウリの腐敗実験。


自然栽培(肥料も農薬も使わないで栽培する方法)と
有機栽培、それと一般にスーパーで売られているキュウリを
それぞれガラスのコップに入れ、2週間ほど放置します。


コップの中のキュウリはどうなるでしょうか?


答えは、有機栽培のキュウリが一番腐り、
自然栽培のキュウリは干物のようになるそうです。
(今度、やってみよう!)

これはお米でも同じような結果になるようです。


何故こんなことになるかと言うと
堆肥が大きく影響しているようです。


充分に熟成していない堆肥の中には
硝酸態窒素というものが入っており、
それが作物を通して人体に入った場合、
硝酸態窒素が血液の中の酸素を奪ったりするそうです。



『ええ~っ』 じゃあ堆肥は使わないほうがいいの?

それに対する答えも書いていました。

完熟堆肥なら問題ないそうです。


そう言えば、以前、馬やら牛やらの堆肥をホームセンターで買った時も、
『この馬や牛も抗生物質入りの飼料を食べさせられているんだろうから、
この堆肥もあまりよくないんだろうな』
と思った記憶があります。


『いずれにしても、現代では安全な肥料というのは手にはいりにくくなっているので、
やはりこれからは自然農法の経験を積んでいくほうがいいのかな』
という結論に至りました。




スポンサーサイト

川口由一さんと木村秋則さん

去る8月16日(日)に、川の郷の『水農里農園』に、
自然農で有名な川口由一先生が見えられました。

愛媛大学農学部での講義のために来松されたんですが、
水農里農園まで足を伸ばしていただきました。


当日は、お盆の時期にもかかわらず、
大勢の『水農里会員』が参加され、
皆さん、真剣に、川口先生の指導に取組まれていました。

FILE0000_20090821134439.jpg

FILE0001_20090821134439.jpg

FILE0002_20090821134439.jpg



実は、私、この時まで自然農での野菜の成長に大きな不満があり、
やはり、肥料を与えないとすくすく成長しないんじゃないかと思っていたんですね。




ところが

次の本を読んで、大きく考えが変わりました。

DSCF0000_20090821134439.jpg


何故か?



それは次回のお楽しみ・・・・・

ペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群はご存知ですか?


毎年、8月の12~13日ごろが見ごろになる流れ星です。
我が家では、子供たちが小さい頃、よく見に行きました。
四国カルストのてっぺんにある姫鶴平まで行くんです。


毎年、観測に最適な時間帯とか、その時の月明かりとか
条件が変化するんですが、今年は13日午前2時ごろが見ごろとのことなので
行ってきました。


もう、子供たちはついてくるような年齢じゃないんで、
夫婦二人きりです。


今回は、山に上がる前に高知県吾川にある『ゆの森』で温泉に浸かった後、
東津野側から上がりました。


高知県側の頂上は、天狗高原。

昔、独身時代は、よく天狗高原スキー場に遊びに来ましたね。


そこを通り過ぎると牛が放牧されています。

ブログ用写真0012

あいにくガスがかかっていて、この先の状況を暗示するかのようです。

ブログ用写真0013


県境を越え姫鶴平に到着後、テントを設営。

昔、来ていた頃は、数家族が一緒だったんで、
カレーを作ったりとかバーベキューをしたりとかしましたが、
夫婦二人だけだと、そこまでの馬力はないので、
簡単な食事でお開き。夜、8時には、観測に備えてテントの中へ。
しかし、あたりはまだガスだらけ。
晴れ上がるんかしら?



(持参した灯りは、電池式の蛍光灯とガス式のランタン。
 蛍光灯の方には圧倒的にカナブンがたかっていました。
 カナブンが好きな波長なんでしょうか?)
ブログ用写真0014  ブログ用写真0015

              ブログ用写真0016


あまりお酒もすすまず寝たもんだから途中、ちょこちょこ目が覚めて
そのたび外の様子を窺うも、相変わらずのガス。


だめだこりゃ! 
観測どころじゃない。

せめて雨が降りませんように! 


そうこうしているうちに、4時ごろ。
なんとパラパラと音が。


まずいなぁ。
雨の中でのテント撤収だけは避けたいなぁ。


ということで、
ガスの中、本格的な雨になる前に撤収して山を下りてきました。

消化不良気味な一夜でした。  (チャンチャン) 

昔のライフスタイル

一昨日の日曜日に、あるイベントのお手伝いを頼まれていたので
川内の森へ行って来ました。


残念ながら台風の影響で、イベント自体は中止になりましたが、
せっかくだからということで、主催者のMさんと一緒に火を熾して
ゆったりした一日を過ごしました。


土間に設置された『おくどさん』
FILE0000.jpg


おいもをふかしました。
FILE0001.jpg


銀杏をまぶしたごはんも炊きました。
FILE0002_20090811140827.jpg



いいですねぇ。こういうライフスタイル。

外は台風の影響で大雨でも、
それをのんびり眺めていられます。


久しぶりにのんびりとした一日を過ごしました。

公園で炭焼き!

今日は、近くの来住公園で朝から炭焼き体験です。


私は例によって仕事なんで、常時参加は出来ず、時々覗き見です。


DSCF0003.jpg

木枠の内側の砂の中にドラム缶が埋められていて
その中に割った竹が一杯詰まっています。


手前の四角いところで木を燃やし中の温度を上げていきます。
温度が270℃ぐらいになると、炭化が始まるので
木を燃やしていたところに蓋をします。

後は自動的に温度が上がり、炭化が進んでいくという具合。


奥の煙突から煙が出るので、
これをステンレスの筒に導き、冷やして竹酢液を取るという寸法。

DSCF0004.jpg



ステンレス管の端から煙が出ています。

DSCF0005.jpg



途中で冷やされた煙は、しずくとなって下のバケツに受けます。
これが竹酢液となります。

DSCF0006.jpg


これは『久米 森と炭焼きの会』の主催で、年に2回、8月と12月に行っているもので、
もう6年目を迎えているらしく、スタッフの方々の活動には脱帽です。
今では見ることも無くなった日本古来の生活習慣は、
是非とも次世代に伝えていきたいものですね。


明日は窯出しですが、残念ながら予定が入っており見ることが出来ません。

ここでも炭が!

以前に、ご自宅の塗装をさせていただいたお客様から
庭に砂利を入れたいとの相談がありました。


その際、『庭に放し飼いにしているワンちゃんのおしっこの臭いを
消すようなものは無いの?』との話も出たんですが、
『ウーン! 何があるんだろう?』


その時閃いたのがこれまた『炭』です。


畑の土壌改良用に使っている粉末状の炭があるんですが、
それを敷いてみる事にしました。


宮野喜代美様邸0021

施工前の状態です。

この後、地ならしをして出来るだけ水平な状態を作ります。



宮野喜代美様邸0022

炭を入れました。
もう少し多いほうがいいかもしれません。


宮野喜代美様邸0023


その上から砂利を敷きこみます。(砂利の上に白く映っているのは太陽光です。)



さぁ、工事は終了したものの、
おしっこの臭いはどうなるでしょうか?


プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。