スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙~親愛なる子供たちへ~

少し前に知った樋口了一さんが歌っている『手紙~親愛なるこどもたちへ』と言う曲が
日本有線大賞の有線音楽優秀賞を、また、日本レコード大賞の優秀作品賞を受賞しました。


12月30日18:30~ 『輝く! 日本レコード大賞』で放映されます。


この曲を初めて聴いた50代の人たちは自分の親を思い、
2回目に聴いた時は数十年先の自分を想うそうです。


http://www.youtube.com/watch?v=VIys43kR5S0



そして、この映像を見た方々のコメント。

http://www.youtube.com/comment_servlet?all_comments&v=VIys43kR5S0&fromurl=/watch%3Fv%3DVIys43kR5S0





時間が許す方は、30日、是非ご覧下さい。



スポンサーサイト

バイオクリスマス!



昨日は、所属している『えひめ千年の森をつくる会』が主催の
『バイオクリスマス in クールスモール2009』に
ちょこっとだけ参加してきました。


場所は東温市見奈良のレスパスシティ、坊ちゃん劇場前の広場。



仕事の合間を見ての参加なので、長い時間は居れません。


会場に着くなり鶴見会長から手渡されたツイストパン。
竹の棒に巻きつけて火で炙ります。





少しだけ根気が要りますが、こうなると食べごろ。

91223b.jpg



頬張ると美味しい美味しい!!



その隣では移動式石窯でピザを焼いています。

91223c.jpg


これはなかなかのスグレモノですね。
どこにでも持ち運べてピザが焼けます。




91223d.jpg



会場では、その他にも薪割りやわら縄作り・ぞうり作りの体験コーナー、
パネル展示、ペレットストーブ・薪ストーブの展示等があり、
いつもの千年の森の会員や薬草会の会員の方々も参加していましたが、
仕事中の身としては長居も出来ず、
短時間で会場を後にしました。


それにしても今年で4回目?のこのイベント。
環境に優しいライフスタイルの提案ということですが、
火を使う生活って本当に素敵です。

最近の風潮として危険だから(という理由だけではありませんが)ということで、
子供から火やナイフを遠ざける感がありますが、
私は逆だと思います。


『そういうものを使わせ、そして使い方をマスターしていく』
という方が、子供にとっては良い教育になると思うんですが・・・・・


いのちの森づくり


今日は、伊予銀行主催の「地域経済と共生するいのちの森づくり」と題した
講演を聴いてきました。


講師は横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏。


伊予銀行本店4Fホールが、ほぼ満席です。


最初に宮脇先生を取材したテレビ番組が10分ほど上映されました。

すごいですねぇ。今年81歳というお年にも拘わらず
世界を走り回り、これまで3000万本以上の木を植えてきた男。

伐採等により砂漠化し、再生させるには150年以上かかると言われている土地に
わずか10数年で緑を蘇らせるその技術と情熱。

徹底的な現場主義から生み出されたそのノウハウは世界中から引っ張りだこ。


そのような内容のビデオを見た後、先生の講演が始まります。


愛媛にもご縁があって、もう30年も前にも野村ダムの周辺に植樹をされているそうです。

全国各地での植樹の様子をスライドを使って説明され、
わずか10年足らずの月日の間に、何も無かったところに森や林が出来る様は
驚嘆の世界です。

現在、見せ掛けの緑化がいかに多いかということも熱弁されていました。

本当の森づくりとは
『ただ木を植えるのではなく、
もともとその地に生えていたその地に適した樹種を
密集させ、
しかも数種類を混在させることによって
短期間で本物の森が育っていく』
とのことです。


目から鱗がおちる講演会で、
時間の都合で、中座して会場を後にせざるを得なかったのが残念でした。

間伐の見学



いやぁ、今日は寒かった。
最高気温は7度くらいでしょうか?


そんな日に朝から山にいました。

友人の山で間伐があるというので、お手伝いも兼ねて見学に行ってきました。

でも山はこんな感じ。




09-12-18a.jpg

09-12-18b.jpg


1時間も外にいると冷えて冷えて。

まだ身体を動かしていると暖かく(というか汗をかく場合も)なるんでしょうが、
ただ立っているだけだと寒い寒い。


でも、作業をしている方々の動きは流石に早い。

安全を確認しながら、でも効率も考えての作業。

大変参考になりました。

09-12-18c.jpg


作業後の豚汁は冷え切った身体を、芯から暖めてくれました。
(写真を撮り忘れたのが残念)


最新式の携帯

ブログ用写真0002



携帯電話を替えました。


実は私、携帯は2個持っていて
ソフトバンクは、相手がソフトバンクの時に使い(家族間はこれです)、
それ以外はドコモを使用しています。


今まで使っていたドコモはカメラが200万画素で、
『仕事に使うのにはちょっとな~』って感じで、
もっと画素数の多いタイプが欲しいなぁと思ってたんです。


そして昨日、思い切ってドコモショップに飛び込み、
シャープで一番画素数の多いSH-01Bを購入してきました。

なんと1,210万画素!


今、マニュアルを読んでるとこですが、
相当多彩な機能があります。

これまでも、携帯の機能が相当進化しているのは重々承知していましたが、
とても使いこなすところまでは行ってませんでした。
(使ってたのは通話とメールとカメラぐらいですね)



これを機会にマニュアルを読破して、
携帯を使いこなしてみるぞ~!!    とりゃ~! 

健康診断



今日は年に1度の健康診断。


そういえば昨年の検診でメタボにひっかかり、
その後の観察を言われていたのに、ほったらかしていたのを思い出しました。



でも全然大丈夫。


昨年の体重69kgに比べ、今年は64kgと5kgの減量。

ズボンも既に3cm小さいサイズに替えているのに、既にやや大きめ。


朝はフルーツのみという食生活の効果が完璧に現れてきています。


10日後の血液検査の結果も楽しみです。






ペギースー ライブ

いやぁ、久しぶりにはじけてきました。


夏と冬、年2回行われているペギースーライブ。

夏は、親父バンドライブとして美術館ホールで5月に開催されるようになり
ペギースーでは打ち上げだけになりましたが、
冬バージョンは健在。


去る12月5日(土)に冬バージョンに参加してきました。


今回の出演は5バンド。

恒例のモノラルズのオールディーズがキックオフした後、
高知のT氏のオリジナルフォーク。
いやぁ、ピックアップをつけたギターがいい音を出していましたねぇ。


次に登場はエレキギターでクラシックから童謡、民謡までこなしてしまうN氏。
流石です。
私はやっぱりベンチャーズがいいな。


つづいての演奏は著名なアナウンサー“はやしひろひこ”氏。
この日の演奏は私自身の準備のため聞けませんでしたが、
リハーサル中のセッションでのギターさばきは
素晴らしかったですね。



そしていよいよ最後の出し物。
俄仕立てのメンバーのためバンド名も決めていませんでしたが、
せめてルックスだけでもと思い、こんな格好で演奏してみました。








結構うけたと同時に、新発見。

素顔だと、お客さんと目が合ったりして
かなりびびったりするんですが、
サングラスをしているとそれが緩和され、
かなり大胆に振舞えます。


よっしゃ、これからこのスタイルで行こうか!


人は必ず死ぬ 続編



11月24日の“人は必ず死ぬ”のところで、
アメリカの90歳以上の人が、
自分の人生で冒険しなかったことを悔やんでいると書きましたが、
またまた同じようなことを書いた本に出くわしました。


まだ読んではいませんが、
大津秀一さんという終末期医療の専門家が
1000人を超す患者達の吐露した「やり残したこと」を
25に集約して紹介しているものです。



死ぬときに後悔するすること25。

  1.自分の体を大切にしなかったこと
  2.遺産をどうするか決めなかったこと
  3.夢を叶えられなかったこと
  4.故郷に帰らなかったこと
  5.行きたい場所に旅行しなかったこと
  6.美味しいものを食べなかったこと
  7.趣味に時間を割かなかったこと
  8.会いたい人に会わなかった事
  9.自分の葬儀を考えなかったこと
 10.やりたいことをやらなかったこと
 11.人に優しくしなかったこと
 12.心に残る恋愛をしなかったこと
 13.結婚をしなかったこと
 14.子供を生み育てなかったこと
 15.子供を結婚させなかったこと
 16.悪事に手を染めてしまった事
 17.タバコをやめなかった事
 18.感情に振り回された一生を過ごしてしまったこと
 19.自分を一番だと信じて疑わず生きてしまった事
 20.死を不幸だと思ってしまったこと
 21.神仏の教えを知らなかったこと
 22.生前の意志を示さなかったこと
 23.残された時間を大切に過ごさなかったこと
 24.自分の生きた証を残さなかったこと
 25.愛する人にありがとうと伝えなかったこと




いかがでしょう?

やらずに後悔していることがいかに多いか!

『よしっ!  可能な限り何でもやってみるぞ~。  おりゃ~!! 』


蓮根掘り



DSCF2076-a.jpg




薬草会の副会長さんのご好意で、蓮根を掘らせてもらえました。

蓮根掘りは、これが2度目の体験。


鍬やスコップで蓮根のありかを探し出した後に、
移植ゴテ等を使って、少しずつ少しずつ掘り出す。


山芋掘りに似ています。



DSCF2078-a.jpg


この日、一番の大物が顔を覗かせました。


折らないように少しずつ掘り進めます。

ここら辺が性格が出るところ。


いられ(高知の方言で短期な人のこと)だとまどろっこしくなるほど
そっとそっと根気よく掘り出します。


DSCF2079-a.jpg


出ました~。



他の参加者もたくさん掘り出して、皆さん大満足。

2時間弱の楽しみでした。



掘ったばかりの蓮根って、サトイモにも似てすっごくおいしいんですよね。

これまでの人生で蓮根をおいしいと思って食べたことは無かったんですが、
目から鱗です。



今日の収穫分をスーパーで買えば、数千円分にはなるようです。


副会長さん、ありがとうございま~す。



プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。