スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許さん!

今日、森松で信号待ちしていたところ、

前の車の運転席のドアが開いたので、あれっと思って見ていると、

なんと開いたドアの隙間からゴミを捨てているではないですか!

こういうのは許せんのですよね。

指摘しようと思う間もなく車が動き出したため
後ろをついて行き犯人の車両をカメラに収めました
このフィットがそうです。



ゴミを捨てるものもそうですが、タバコの吸殻を放り投げる輩。

これらも許せません。

捨てた吸殻を拾って、『落し物ですよ!』ってな感じで、渡してやろうかと思うことも多々あります。

世の中、あらゆる面でマナー向上のムードが漂っているのに、
いまだにこういう人種がいるんですよね。

でも、てんつくマンに言わせると、
『捨てる人を責めるじゃなく、自分が拾えばいいんです』
となるんですが、まだまだ人間ができてない私です。



スポンサーサイト

ままごとに『異変!』



今朝の愛媛新聞の生活面の記事です。


子供のままごと遊びで、包丁を使うことがなくなり、
『レンジでチン』に変わってきているそうです。

また、ペットボトルのお茶しか知らず、
やかんでお茶を作ることができない世代が
子育てをしている例もあるそうです。


子供は親を移す鏡。

大方の家庭で、こういう食卓が増えているんでしょうね。

確かにスーパーでは皮を剥いたサトイモやらレンジでチンするだけの冷凍食品やらが
売られていて、
忙しい主婦のために加熱するだけの調理済み食品が、毎日玄関まで届けられたりと
世の中、便利になってきてはいるんですが、
これって果たして豊かになっているんでしょうか?


私は違うと思いますが。


短所の克服より、長所を伸展



沖縄で自主トレ中のパイレーツ岩村選手がこんなことを言ってたそうです。

『日本は、短所を何とか克服し、長所はそのまま。
 アメリカは、長所をどんどん伸ばし、短所を見えなくするくらいやる・・・』



そうですねぇ。
これまでの日本の教育は、
組織の中で忠実に動く金太郎飴のような人間を作ることを目標にやってきた感があります。


平均点より低いところは平均点まで引き上げて。

でもその結果がもたらすものは、何でしょう?


人並み。




でも、これからの時代に求められる人材はそうじゃないですね。


人と同じ事をしていたんじゃダメな時代が始まっているんですから! 



山菜採りの下準備



今日は少し時間が取れたので、春の山菜採りの準備ということで、
山の草刈をしました。


100120_114551.jpg

これが私の愛機、HONDAの4サイクルです。
2サイクルに比べると排気の臭いが全然気になりません。
また、レギュラーガソリンが使えるので、燃料の補充がすごく楽です。



100120_114222.jpg


作業中は、冬でも大汗をかくほどの重労働ですが、
(ひと夏ほったらかしにしていたためジャングルみたいになっていました)
刈った後の眺めは壮観ですね。

春になると、ワラビやぜんまい、イタドリがどんどん出てきますよ。


100120_114210.jpg 100120_114303.jpg


えんどう豆も大根も順調に育っています。
もちろん無農薬ですが、肥料も与えないのにすくすくと大きくなっていきます。

しかし、同じようにやっても川の郷でうまく行かないのは何故だろう?
うーん、よく分からん・・・


目地のシーリング



久しぶりに仕事ネタです。


家の塗替えでよく出くわすのが、洋風のお宅のボードの壁の目地の傷み。
シーリング(コーキングとも言う)部分が朽ち果てているお宅が多い。


10-1-20-1.jpg

こんな感じですね。


安価な材料を使ったり、工期の関係で無理な工事をしたりと理由はいろいろあるようですが、
本来は防水の目的のために施工した部分がこのような有様では、
到底、家の耐久性は望めません。


この場合の対処方法は、当然、既存部分を撤去して、
新たにシールを新設します。

10-1-20-2.jpg

10-1-20-3.jpg

そして完成。

10-1-20-4.jpg



修理箇所が少なければ金額的な負担もさほどではありませんが、
往々にして、こういうお宅は、ほとんどの目地部分が傷んでいるケースばかりです。

家中の目地とかサッシ廻り等のシールを打ちかえるとなると、
これは10~20万円の負担になります。


早めの手当てをお勧めします。




食料危機


普段、応援している「ワールド・ビジョン・ジャパン」からメールが来ました。

ハイチでの地震に対する募金の要請。


今朝の新聞によると死者が10万人を超えるとも言われていて、
中南米の最貧国のため、政府もなすすべが無く、国民も途方にくれているようです。


微力ながら応援はしたものの、翻って我が身に当てはめてみると、


自然災害という形はとらずとも、この日本の窮状。
1000兆円を超えると言われる借金を背負って、尚且つ毎年借金を増やし続け、
医療費、年金、食料自給率、地球温暖化と、様々な分野で問題は山積。


私はこのままの状態が、今後20年も30年も続くとは思えません。
まぁ、かろうじて10年くらいは持ちこたえるかも分かりませんが。


いざと言う時に、国や誰かに助けてもらうなどという他力本願の考えではなく、
自分で何とかするというライフスタイルを目指したいと思います。

まずは食料の自給。 





食べる炭パウダー


もう何ヶ月になるだろう?

朝食をフルーツだけにしてから・・・。


今は大体みかん2~3個とりんご半分~1個。


これで朝食は終わり。


みかんを食べるときはナイフで4分割して食べる。


DVC0003.jpg


こんな感じですね。


ところで、みかんの下にあるスプーン。
黒いものが乗っかっていますが、何か分かりますか?


分からないですよねぇ。


実はこれ、竹炭パウダー。

それをどうするかと言うと、
食べるんです。

みかんの果汁と一緒に、喉の奥に流し込む。

炭は、昔、忍者が毒をもられた時にかじったと言うぐらい解毒効果のある物質。


様々な化学物質が氾濫している現代では、
ひょっとして炭は必需品かも・・・・

間一髪!


危なかった!


土居田町を走っていた時の事。

細い路地から、いきなり原付が飛び出してきました。
明らかに一時停止をしていないスピード。

間一髪のところで、原付は道路を横切りましたが、
急停車をして原付の方を見ると、運転者も呆然としている様子。

しかし数秒後には、こちらに声をかけることもなく走り去りました。


20~30km/hで走っていたから良かったものの、
もう少しスピードが出ていたらタイミング的にはぶつかっていたでしょう。


そうなれば、こちらもいくらかの責任を問われることになりますし、
何より余計なことに時間と労力を費やすことになります。


防ぎようの無い、もらい事故もあるとは思いますが、
極力、安全には気をつけて運転したいと思います。






新聞チラシ




いやあ昨日の愛媛新聞の厚さと言ったらお正月並み。

どんなチラシが入っているんだろうと思って見てみると
半分以上がマンションを含む住宅関係。

50枚近いチラシのうち、25枚が住宅関連でした。

新規需要が落ち込む中で、この業界も大変なんですね。


でも、よく言われているピンチはチャンス。

こういう時こそ、知恵を働かす絶好の機会です。



残念だなぁと思ったのは、今、話題のJAL。
社員が、利用をお願いするチラシを配っているそうです。

これなんかは愚策だと思うんですが、いかがでしょう?

利用者が、『どうせ乗るならJALだよねぇ!』というような
サービス内容に改めるほうが、はるかに効果的だと思いますが。



誕生日


新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。


もう、おめでとうと言う気分ではありませんが
暮れ、正月を挟んで久々の書き込みです。


昨日は母の80回目の誕生日でした。
神奈川から妹も帰り、我が家の家族も集まり、正月に引き続き宴会です。


DVC0001.jpg


DVC0000.jpg


ケーキは家内の力作です。


80歳とは言え、週に3~4回スイミングスクールに通う現役のスイマーで、
大会にも出ています。

そして試合の度に優勝します。
凄いでしょ

何せ、同年代でバタフライを泳ぐ人がいないので、
試合の時は一人で泳ぎます。
当然、優勝です。


2年ほど前に自転車でこけて骨折し、左の大腿骨には金属が3本ほど埋まっているんですけどねぇ。


やるもんです。

本人の一番の楽しみではありますが、
スクールの生徒さんたちの励みにもなっているようですね。


確か始めたのは55~56歳ぐらいだったから、
丁度、今の私ぐらいから始めたわけですね。

こりゃいかん。
あそこが痛い、ここが痛いなんて言ってる場合じゃないぞ 


プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。