スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然が一番


いやぁ、久しぶりに高浜のミカン山へ行ってきました。


そうしたら草が伸びて伸びて!

それでも野菜はたくましいです。

ジャガイモが出てきています。

10-4-29 (3)


えんどうも。

10-4-29 (2)


大根は花が真っ盛り。鞘の種を食べると大根の味がします。
これはサラダに使えるかな。

10-4-29 (1)

タラの芽も少し採りました。
本当は新芽を根元からもぎ取るより、少し大きくしてその先端部分を折り採るのが良いようです。

10-4-29.jpg


さらに、フキもこんなに。まるでフキの海です。

10-4-29 (4)



ジャガイモやえんどうは自然栽培という方法で栽培したものですが、
フキやタラの芽は本当の自然の恵みを採取したもの。

自然の産物には薬草も多く、
もちろん農薬やら化学肥料は使われていません。

これから我が家の食卓にはそういうものを多く取り入れるかな。

ある方からは『自分で作りなさい』と言われそうですが・・・・









スポンサーサイト

お客様のご意見

日々、行っている工事が完了すると同時に、
お客様から感想やらご意見をいただいていますが、
先日、屋根・外壁塗装工事が完了した松本様からの感想をご紹介したいと思います。


松本様は弊社の近くにお住まいで、
最近まで建設会社を経営されていた1級建築士の方で、プロ中のプロ。

ご縁があり、屋根と外壁の塗装工事を施工させていただきました。



10-4-20_20100420205522.jpg



ご指摘のとおり、気の引き締まる思いで施工させていただきましたが、
満足いただき何よりです。


私共としても、今回の工事を励みとして、更に精進して参りたいと思っております。
今後ともよろしくお付き合いをお願いいたします。

食生活を変えなければ!



今日も、母親が乳児を虐待したとか、我が子を殺したとかと言うニュースを見ました。

ここのところ本当に多いですね。


昔はこんなことは無かったのに。


殺人事件なんか滅多になく、世界一安全な国とか言われていて
日本もやがてアメリカ並みに犯罪が多くなるとか聞かされた時には、
「まさか」なんて思ったりして。


でも、本当にそんな時代になりました。


様々な原因があるのでしょうけれど、私は食べ物が大きなウェイトを占めていると思っています。

戦後、アメリカナイズされたこの国の食べ物。
牛乳、小麦、大豆、牛肉・・・・
数々の問題点が指摘されています。


今のままの食生活を続けて行って、10年後、20年後の社会はどうなっているのでしょうか?

春のゆうゆうまつり

10日・11日と東温市の森の交流センター(旧緑化センター)で、"春のゆうゆうまつり"があり、
参加してきました。


10日は天気にも恵まれ絶好のイベント日和。

会場に着くと、既に出店者達がめいめい思い思いの場所でお店作りを始めています。

私も、この日のために作った"バードコール"を展示すべく、"いちじくおじさん"で有名な鑓さんの隣にお店を構えます。


昨年はお客として参加したこのイベント。今年はお店側としての参加。
ご縁の不思議を感じます。
この1年間、森の活動やら薬草会の活動やらで多くの素敵な方たちと出会えたことが宝物になっています。


今回は、長男の友達二人もエスニック料理のお店を出すとのことで、長女もお手伝いで顔出し。
彼らは現在3番町にお店をオープンするべく準備中で、5月にはオープン予定。
なかなか美味しいので、是非行ってみてください。

10-4-12-2.jpg


そして今回の大役はBGMとしてのバンド演奏。
バンジョーにOさんの応援をお願いしての出演で、
マイクも無いので、おしゃべりは無しで、ただただ弾きまくり・唄いまくりです。


途中、主催者のYさんと八幡浜から参加のSさんのウクレレをバックに
"ハメハメハ大王"の演奏も交えました。

10-4-12.jpg

いやぁ、しかし流石に長時間の演奏は疲れます。
途中、休憩を挟んだとはいえ、帰り際にはなかなかのお疲れモードでした。


でも、バードコールは完売。
皆さん、ありがとうございました。



そしてこの日は1つ大発見が。

八幡浜のSさんにいただいた"シークワァサー"。
「発泡酒にたらして飲むとビールの味に変わるよ」との助言を疑いつつ夜、試してみると、


なんと!

本当に味が変わりました。コクが出るんです。

恐るべし"シークワァサー"。
ガン予防の特効薬でもあるようなので、これから積極的に取り入れていこうと思います。



そして翌11日も、午後から雨模様にはなったものの、午前中はなんとか快適な天気が維持でき、
盛会のうちにお祭りは終了することができました。

めでたしめでたし。

急遽、増産したバードコールは二日目も完売。

次回の秋のお祭りに向け、準備を整えよう。
今度は竹の製品も出すかな!


仙人庵でお花見


川内にお住まいのWさんからお花見のお誘いがあり、行ってきました。


場所は則之内の山の中腹。
塩が森公園から南に下った所です。


実はここには、10年ほど前に当時の我が家から移植した桜の木があるんです。

当時は人力で移植できるほどの小さなものだったのが、今ではこんなに育ちました。


10-4-8.jpg


お昼前にWさんから連絡がありお弁当を買って現地に着くと、
先に到着していた薬草会のYさんとAさんが、既に自宅で仕込んだお料理を広げてくれていました。


桜や庭の畑を見ながらしばしの憩いのひと時を楽しませていただきました。


実はここは、"仙人庵"と命名されていて、
主のWさんはとっても不思議な能力をお持ちの方。


未来のことが分かったりとか、
神様とお話ができるという力があるようです。



別れ際に皆さんで記念撮影。

10-4-8 (1)













真心庵


実家の近所に新しくデイサービスセンターがオープンしたので見学してきました。


『デイサービス ひがし野 “真心庵”』

こちらです。  看板だけですが。


10-4-6.jpg



中はとってもリラックスできるスペースで、
自分でもお茶のみがてら寄ってみたいなぁと思うようなところです。


そしてなんとなんと、ここには駄菓子屋が併設されているんです。“蛍”と命名されていました。



10-4-6 (2)


この日も何人かの子供が買い物に来ていましたが、
大人も混じっていたのには驚きです。

オープンしたての珍しさもあるのかも分かりませんが、
なんとも言えない懐かしさを感じるのも確かです。

そして“蛍”の横には掘りごたつ付きの座敷が用意されていて、
地域の方々もくつろげるようになっています。


今はもう見ることも少なくなったおじいちゃん、おばあちゃんと地域の子供達とのふれ合い。

それがこの場所に復活しそうな気がします。


また、こんな看板もありましたよ。



10-4-6 (1)


『うれしいと眼鏡が落ちるんですよ』

若いですねぇ。
大村昆さん。







新年度第1回『水農里農園』


今日は月に1回の自然農『水農里農園』の集まり。


先日、丹原に訪ねた『ちろりん農園』の西川さんが指導者として先月から来られていますが、
昨夜は松山泊まりだったようで、今日は早くから来られていました。


先日撮り忘れていた写真を撮らせていただいたので、今日はアップできます。




じゃじゃ~ん。




この方です。


10-4-4.jpg



なんと、農園に楽器を持ち込んで、歌を披露してくれました。


好きなんですよね~。こういうの。

素朴な自然の中に溶け込む弦楽器の響きが、なんとも言えないのどかな雰囲気を醸し出していました。




そして肝心の自然農はと言うと、
大変大変参考になりました。


肥料を使わない分、いかに土作りに精を出さないといけないか、
そして、その土の状態を見極めるための野草等に対する知識の必要性。


これらは今まで考えてもなかった視点です。
当たり前と言えば当たり前なんでしょうけど。

「『水農里農園』に救世主現る」ってな感じですね。


ありがとうございました。西川さん。

そして今度一緒に演奏しましょう!










何が幸せ?


今朝の愛媛新聞の読者の投稿で、

「昔は子供も家の手伝いをしてよく働いた。
皆が助け合いながら、そして一生懸命に生きていて、自殺なんかする人はいなかった。
ところが今はどうだろう?」

というような内容の記事があった。


私も常日頃思っているのが、
今の「街づくり」って本当に良かったんだろうかということ。

いやいや、それよりもむしろ失敗だったと思います。


道路、上水、下水、電気、ガス。
ライフラインと言われる生活基盤を整備し、そこに人を集中させ、
一見、便利と言われる生活を謳歌させる。

そして社会の分業は果てしなく進み、
今ではナイフで鉛筆も削れない子供が増え、
町では焚き火をすることも叶わず、
食べる物はどこでどのように作られた物か、
何が添加されているのかさっぱり分からないままに口にするしかないような社会。


これが今の自殺者や、はたまた毎日のように殺人を犯す人間を育て上げた社会です。


50年ぐらい昔、いやいや江戸時代の生活と今の生活。

果たしてどちらが幸せなんでしょうか?








ちろりん農園

丹原にある『ちろりん農園』を訪問してきました。


以前から農園のことは知っていたんですが、
ひょんなことから代表の西川則孝さんと知り合い、
趣味の音楽でも話が合い、
さっそくお邪魔しました。


もう何年も走ってなかった桜三里を下り、
丹原に入ったところで電話をすると、
すぐに西川さんが迎えに来てくれました。
(肝心の西川さんの写真を撮り忘れました。ゴメンナサイ)



畑はあちこちに分散しているようですが、
まずご自宅を案内していただくと、
真っ先にかわいい手作りのポストが歓迎してくれました。


10-4-1-1.jpg



標高100mというご自宅から見渡す石鎚連峰の山並みは
周越トンネル辺りから見るのと同じく
とっても雄大です。


10-4-1-2.jpg


自宅周辺にはいくつも鶏舎があり、
100羽は超えているんでしょうね。
沢山の鶏が毎日卵を産んでいるようです。
新鮮な卵を毎日食べれるなんて、なんちゅう贅沢!


10-4-1-3.jpg


私が一番気に入ったのは、砂利を敷き詰めた土間。
土間のある家って、すごい魅力的です。
土足で家の中に入っていける生活。是非してみたいですね。


10-4-1-4.jpg



その後、2箇所の畑を案内していただいた後、
今治の知人を訪ねて丹原を後にしましたが、
実は私、何年も前に「丹原に住んでみたいなぁ」って考えたことがあるんですよ。

とってものどかで、しかも雄大な地域です。


今度、楽器とお酒を持って、泊りがけで訪ねさせてもらおう!


プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。