スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害対策

東日本大震災から40日以上経った今日もまだ、地震が起きています。


南海大地震も近い将来必ず起きると言われ、
それは今年だと言う人もいます。

いつ起こるかは分からないけれど、
用心だけはしておかなくてはという気になってきました。


ということで、最近購入したのがこれ。




手回し式のラジオです。
ラジオの他にも、ライトだとかサイレンだとかの機能もあり、
携帯電話の充電もできます。

スポンサーサイト

諸々

4月20日はジャガイモの土寄せということで、
10名ほどが集まり農作業。


しっかり芽が育っています。

11-4-23 (2)



雑草かと思いきや、アカザという植物。

11-4-23 (4)


食べれるということなので持ち帰って調理をすると、
『美味しい!』

ホウレンソウによく似た味です。

なんとホウレンソウも同じアカザ科の仲間。

これを捨てておく手はありません。

これからの我が家の食卓に登場させましょう。



土寄せが終わった畑。

11-4-23 (3)


自然農を目指す私としてはここまで綺麗にしなくてもと思いますが、
まぁ、団体行動をしているので・・・・。



その後、Mahny山へ行き、
こちらでも甘夏やらワラビやらツワブキを収穫。


そうそう、八重桜もいただきました。

11-4-23.jpg

こちらは桜茶に。


そして最後に教えてもらったのがこれ。

11-4-23 (1)

『ポポー』という木の花です。秋にできる果実がとても美味しいそうです。




長浜水族館

昨日は誘われて、長浜の水族館に行ってきました。

長浜に水族館?




昭和10年に四国初の水族館が長浜に誕生しましたが、
老朽化により昭和61年に取り壊されたとのことです。



そして現在の水族館はというと、長浜高校の中にあります。

11-4-17.jpg


長浜高校水族館部です。

一人ひとりが担当の水槽を持ち、
餌やり、塩分濃度の調整、水槽の水替えなどの仕事をこなしているということで、
毎月第3土曜日の11時~15時に開館されています。


最初の展示室に入るとこんなふうに出迎えてくれます。

11-4-17 (1)



そしてそれぞれのセクションでは担当の部員が説明してくれます。

11-4-17 (2)


こんなコブダイもいました。

11-4-17 (3)


注目は『カクレクマノミ』。

ざんねんながら写真を撮り損ねました。
実際に見学されることをお勧めします。


そして、ここでは名物のこんなものが。

11-4-17 (4)

11-4-17 (5)


全部買っちゃいました。


春のゆうゆう祭り

『春のゆうゆう祭り』が4月9日、10日の両日
南高井の杖の淵公園で開催されました。


両日ともお天気に恵まれて、なかなかの賑わいでした。


ただ、駐車場が狭く、
せっかく来たけど車が停めれなくて帰らざるを得なかったという方もいたようです。
ごめんなさい。



薬草会にも知人を二人ほど引っ張り込みました。


写真は、PAを提供していただいたWさんのバンド、“モノラルズ”のステージです。


これから・・・・

マグニチュード7.4 震度6強
これが余震?


信じられないですね。


過去の地震で、こんなに長期に、しかもこんなに大きな余震ってあったんでしょうか?

復興に向けて立ち上がろうとしている矢先に。

被災地の方の怖れは想像を絶するものと思います。



それにしてもここまで続く余震は何を意味するんでしょうか?



テレビの画面の中で、評論家の先生方は好き勝手なことをおっしゃっていますが、
私は、自然界からの警告と受け止めています。

経済発展、生活向上の掛け声のもと、”もっともっと”と欲望のままに地球環境を変え、
果ては処理方法も見つかっていない原子力までもコントロールできるかのように
自分を偽り人を騙してきた人類に対する警告ですね。


愛媛大学のある教授が言っていました。

『原子力に代わる代替エネルギーを自然エネルギーに求めようとしても
結果は大同小異だ。
原子力発電を止めることによるマイナス30%の電力量で生活できる
ライフスタイルを確立すべきである。』


大賛成です。

『水力、火力をフル稼働させれば原子力に代えることが出来る』とか
いろんな意見があります。

でも、もういいじゃないですか。

もう少し電気を使わない生活にちょっとだけ戻りましょう。
ほんのちょっとだけ。


どれぐらい?


30年ぐらいです。

昭和50年代の生活です。


それほど不便ではないと思いますよ~ 





金ペン、銀ペンの威力

毎日チェックしているブログ、『超健康が夢 院長日記』。


その中に、震災の支援物資を松山ユースホステルで受け付け開始した内容が
掲載されていたので、早速松山ユースへお米を届けに。


その際に、オーナーの平野大統領が、
『どこか痛むところは無いかな?』と言うので、
毎朝、起床時には着替えも大変なほど腰が痛むと言うと、
間髪を入れずに『Oリングテスト』をし、書いてもらったのがこの図。





この金ペン、銀ペンの威力は大統領のブログでも知っており、
一度、試してみたいなと思っていたので、好都合。



書いてもらったのは昼間で、腰痛を感じる時間帯ではなかったため、
翌朝を楽しみにその夜は床に・・・・・・。


そして翌朝、目が覚めて着替えをしようと立ち上がったところ・・・・・・・


『お~! 痛みが無い!』



流石、松山ユース。



この手の話が信じられない現代科学一辺倒の頭の方は、読み飛ばしてくださいね。



プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。