スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元に注目

地元の食材情報にスポットを当てた月刊誌『Oic』。

有機生協の注文書とともに配布されてくるんですが、

毎月楽しみに読んでいます。

12-6-29.jpg




そして今月号には、来住町の『共同農産』が取り上げられています。


近藤さんが奥様とご一緒に。

12-6-29 (1)



この無料情報誌。

なんと松山市が発行しているんですねぇ。
スポンサーサイト

よき出会い

4月に行った薬草の旅。

今年は室戸方面でしたが、あいにくの荒天。

観光バスの中で地元ガイドの方々と薬草談義に花を咲かせ、
とっても有意義な交流を持てました。



そのガイドの方から素敵な素敵なプレゼントが届きました。


12-6-23_20120623081605.jpg

12-6-23 (1)


手作りの栞(しおり)です。


室戸の自然を題材に、とっても細やかな作りです。


人数分ありますので、皆さん喜んでいただけるでしょう。



こういった各地での交流が始まるのも薬草会行事の醍醐味です。



水当番

月曜は田んぼの水当番。


ここのところ師匠にお願いしてばっかりだったので、久しぶりの当番。


先日、ジャンボタニシを新しい田に入れるよう指示があったので、
Yさんが作ってくれた捕獲道具を持ち、いざ田んぼへ。


居ます居ます。黒く見えるのがタニシです。

12-6-18.jpg



水を溜めている間に、じゃんじゃん獲ります。

12-6-18 (1)


入れ物が一杯になったところで、新しい田へ投入!

『頑張って雑草を食べてね



隣の畑では『スベリヒユ』が最盛期。

これも普通の農家は迷惑な雑草として除草するんですが、
我々はおひたしにして食べます。
そして、なかなかおいしいんです

みかんの赤ちゃん

いつも通っていながら、あまり意識することもなかったみかんの木。


先日、ふと見ると赤ちゃんが育っていました。



12-6-16.jpg


12-6-16 (1)


こうして大きくなっていくんですね。

人と違うことをする!

自然農のリーダーYさんから連絡がありました。


今年初めて米作りを始めた田に雑草がはびこっているので、
『ジャンボタニシをどんどん入れろ!』
との指示です。


農協の指導の下、米作りをしているお百姓さんは
タニシを目の仇にして薬剤散布をしていますが、
我々にとっては頼れる助っ人です。


まるでこの日本の世相を現しているようです。


世間一般に常識と言われていることを
今一度見つめなおすことが必要な時代になってきているのを
ひしひしと感じます。


一般開放

6月3日の日曜日は、恒例となった松山大学薬学部薬用植物園の一般開放。

愛媛薬草愛好会としても見逃すわけにはいかないので、
行ってきました。


とは言っても、仕事の関係で、遅れて行って早く帰るという所謂トンボ帰り。


なかなかの盛況です。
12-6-6.jpg


少しは見て廻れましたが、
大いに消化不良。


また来たいと思いますが、年2回の一般開放。
次回は9月30日です。

もう少し回数を増やして欲しいな~

高千穂への旅

いや~、またまた長期にわたりブログをほったらかしにしていました。ごめんなさい。

時々、指摘は受けていたんですが、いざ書こうと思っても時間が無いとかいろいろ言い訳が出てきまして・・・

すみません。


これからは気負わずに短くてもいいのでできるだけアップして行こうと思います。





さて、
工事の合間を見つけて、九州の神々を訪ねる旅をして参りました。


目指すは高千穂。

訪れたのは『天岩戸神社』『高千穂神社』『幣立神宮』。


これが『天岩戸神社』
さすがに荘厳な雰囲気です。
12-6-2-8.jpg



隣においでるのは『天照大神』。
12-6-2-5.jpg


ここは天の岩戸に隠れられた『天照大神』をいかにして外に連れ出すか、
神々が相談したという『天安河原』。
12-6-2-6.jpg



『天岩戸神社』『高千穂神社』と巡って、阿蘇へ向かっていると
いきなり目に入ってきた『幣立神宮』の看板。
以前、どこかのホームページで見ていたのが急に記憶が蘇り、進路を変更して『幣立神宮』へ。


『幣立神宮』

ここは岩戸から出てきた『天照大神』の御霊が祭られているという神宮。
12-6-2-7.jpg

12-6-2-2.jpg



帰ってきてメーターを見ると走行距離は1,100km。
いやぁ頑張りました。バモス君。

プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。