スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のゆうゆうまつり

毎年、春と秋に開催している『ゆうゆうまつり』。

今年も秋バージョンが開催です。


来る11月17日(土)~18日(日)。10時~15時。
場所は東温市の『森の交流センター』。
12-10-30.jpg



今回はPA(音響設備)を担当する予定ですが、
経験・知識は全くありません。

さぁ、どうなることやら。
乞うご期待 


出演者も、現在募集中です。
希望者は連絡下さい。

スポンサーサイト

笑心まつり

毎日チェックする『廃材天国』のブログを見ていたら
内子の『笑心まつり』に出店するという情報が飛び込んできました。


内子の菜月自然農園では毎月『丘の上の日曜市』と題して
手作り市を開催していますが、
年に一度大々的なイベントを開いています。


『そうか、今日、明日の土日が笑心まつりか』と、
さっそく自然農仲間のお二人に連絡をとり内子へと。



昼ごろ着いた会場は、
12時オープンにもかかわらずもうお客さんで賑わっています。
12-10-28.jpg


同行したお二人はさすがに顔が広く、
何人もの知人に会って、来る11月17日~18日の『ゆうゆうまつり』の
宣伝をしまくっていました。



私は以前ここで知り合った『仙人』に再会し話し込んでいたんですが、
鬼北の仙人に『松山にも仙人がいますよ』と言うと、
『太山寺に住んでる人やろうが』と言ったのには笑ってしまいました。

よく一緒に遊んでいるMahnyさんのことを指しているんでしょうが、
鬼北の仙人の頭の中ではMahnyさんも仙人になっているんですね。

私は別の人のことを言ったつもりだったんですが・・・ 

ETCが不調

淡路島へ行ってきました。

松山道  徳島道  高松道  神戸淡路鳴門道
と走るんですが、往復で料金所を通過するのは計10回。


そしてなんと言うことでしょう

そのうち3回もバーが上がりませんでした。



しまいには料金所の職員に半分八つ当たりするんですが、
彼らも理由がわからないのでしどろもどろ。


今日、ディーラーに行って聞いたところでは、
機器の故障が考えられるけれども、
どの部分が悪いかは料金所を通過させないとわからないそう。

そんな実験のために何度も料金所を通過するわけにもいかないので
結局は買い換えたほうがよさそうです。



安く手に入れた車載器なので仕方が無いか。


ネットで調べると車載器がセットアップ料込みで5~6千円、
取り付け料が3千円くらい。


あ~ぁ、また予想外の出費が ・・・ 


現地薬草研究会

今年度最後の薬草研究会は長浜高校水族館部。

10月20日の土曜日に行ってきました。


今回の参加者も46名と多かったものの、大型バス一台でなんとか賄えました。


長浜に着いてまず行ったのは『赤橋自遊空間』。
ここは毎月第3土曜日の水族館が開かれる日にあわせて、商店街を歩行者天国にして
開放しています。


自遊空間を楽しむ会員さんたち。
12-10-23.jpg


お天気に恵まれ賑わっています。


通りではこんなパフォーマンスも。
12-10-23 (2)


そして名物『¥200 うどん食べ放題』。
これは一人では食べきれません
12-10-23 (1)

まだ11時前で、昼食が控えているというのにうどんを注文する会員さんが続出で、
お店の人はてんてこ舞いです。


うどんも食べ終わり次のイベントは『赤橋の開閉』です。
昔は貨物船の往来のために橋を上げていたそうですが、
時代は変わり今ではパフォーマンスとしてのみの開閉だそうです。
12-10-23 (3)


地元ボランティアガイドの方の丁寧な説明を聞いた後、一行は昼食会場へ。

長浜商工会の方の手配で至れり尽くせり。
どこに行ってもスムーズに事が運びます。


さぁ、昼食も終わりメインイベントの長浜高校へ。


こんなものがお出迎えしてくれます。
12-10-23 (4)


この水族館も夏にリニューアルしたとかで、カブトガニやエイに触れるコーナーが設けられています。
しかし、下見の時にいたサメがいません。

『サメは
と聞くと

『亡くなりました。』
との事。


なんと非常にナイーブな魚で、人に触られたりする環境に適応できず
餌を食べなくなって死んでしまったそうです。

サメ = ジョーズ のようなイメージがありましたが、全く違う種類もいるんですね。



これは廊下に設置された淡水魚用の水槽ですが、
教室の中には海水魚が所狭しと泳いでいます。

興味のある方は毎月第3土曜日の開館日に行ってみてください。
12-10-23 (5)


そうして帰りには双海の『ふれあいの館』で勉強会。

やはりこれがないとただの物見遊山の旅になってしまうので、
薬草会としての締めとして有意義な時間でした。



今回は比較的近距離ということやバスが1台ということもあり、
いつも以上に道中愉しく過ごすことができました。


今年度の現地薬草研究会はこれにて打ち止め
さぁ、来年度はどんなことを企画しようか・・・

復帰

9月14日に超多忙と書いて1ヶ月が過ぎました。

やれやれやっと帰ってきました。


その間、仕事はもちろんのことそれ以外でもたくさんの経験があったんですが、
とりあえずはこれ。


12-10-15.jpg

10月8日に徳島で『徳島ブルーグラスライブ』があり、
出演してきました。


その行程がスゴイ

7日の夕方5時に松山を出発。

バンジョーの扇さんとそれぞれ別の車で併走し、一路坂出へ。

坂出に着くと坂出在住の⇒野さんが高速の出口で待っていてくれ、
そのまま近くの大型ショッピングセンターへ。

そこでその夜の食料やらお酒を買い込み⇒野さん宅へまっしぐら。


着くやいなや始まった大宴会&ジャムセッション。

丸亀のOさんも駆けつけてきましたよ。


そうしてそのセッションは深夜2時ごろまで続くのでした。




お目覚めは翌日7時ごろ。

朝の支度をしていると高松のyodoyaさんからがあり、
『今着いたよ』とのこと。

外に出てみると、お~お~yodoyaさんのワーゲンが来ています。



中に入ってもらって話を聞くと、
近くで『戦う親父の応援団』の合宿があったとのことで、
こちらは朝の4時ごろまでセッションをしていたとのこと。

まだまだ上がいました。


yodoyaさんとは、その日の演奏曲を伝えて徳島で待ち合わせることにしてお別れ。


⇒野さんをたたき起こしていざ徳島へ。
でも、その前に丸亀のOさんを拾いに丸亀へ。

結局、坂出→丸亀→徳島のルートで徳島入りです。


徳島のライブ会場近くで腹ごしらえを済ませたものの
yodoyaさんが少し遅れ。

出番を一つ遅らせてもらっていざステージへ。


『いや~久しぶりの演奏。気持ちがいい

PAも最高。


演奏が終わると予想もしていない『アンコール、アンコール』の掛け声。

1曲予定外の曲を演奏してステージは終わりました。


そうして私は30分の演奏後、即、松山へと帰路に着いたのでした。

最後まで見たかった。


プロフィール

八軒清人

Author:八軒清人
愛媛県松山市で住宅リフォーム会社を経営する傍ら
未来の子どもたちに日本の素晴らしい住環境を継承するために
一般社団法人古民家再生協会愛媛を立ち上げ活動しています。

リフォーム会社を創業する際に掲げた目標として

一回限りの仕事をするのではなく、
一つの工事をきっかけに、末永くお付き合いさせていただく
「住まいのかかりつけドクター」を目指しています。

趣味はブルーグラス・ミュージック。
最近は自然農を取り入れた火のある暮らしから様々なことを学んでいます。

2ヶ月に一度、笑顔こぼれるみんなのミニ情報誌
「クリア通心」を発刊中。

住まいのことを中心にお届けしています。

購読希望の方はお気軽にメッセージください。


【名前】
八軒 清人
 『はちけん きよと』と読みます。非常に珍しい名字です。
 「家に関する仕事には打ってつけだね。」と言われています。

【会社・団体】
 合同会社クリア 代表社員
 一般社団法人古民家再生協会愛媛 理事長

【出身】
 もともとは香川県の小豆島出身です。
 じゃあ、小豆島にはこんな姓が多いのかと言うと、そんなことはありません。
 うちの一族だけですね。
 通算20年ぐらい高知県に住んでいたので、半分高知県人みたいなものです。
 家内も高知県人です。

【年齢】
 昭和28年生まれの63歳です。

【家族】
 家内と二人暮らしです。
 長男、長女、次男は独立して、それぞれ鎌倉、千葉、松山で生活をしています。

【趣味】
 「ブルーグラス」という音楽をやってます。「何それ?」と言う方も多いでしょうが「カントリー&ウェスタン」と言えばピンときてもらえるでしょうか?現役でバンドも組んでます。
 

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。